食事制限や筋トレなど、苦しくて辛い続かないダイエットはもう卒業。摂った油や糖質をなかったことにしてくれるダイエット薬「ゼニカル」で、もっと楽しく簡単にダイエット!

ゼニカルは病院で処方してもらえる?

ゼニカルは日本では未認可のダイエット薬なので、病院処方では自由診療になります。自由診療の価格で1錠500円~が平均相場です。病院で処方してもらうと言っても、普通の体格の人が処方してもらう事は出来ません。薬を出してもらえるのは、医師から肥満症と診断された人だけです。つまり、少々ぽっちゃり気味の人が痩身目的で処方してもらうのは難しいという事です。
未認可なので、もちろん薬局やドラッグストアなどでも販売されていません。病院がダメだとなると、残りの入手経路は個人輸入です。
個人輸入というのは海外で認可されている薬を、個人が使う目的で輸入する事です。転売目的などで大量に購入する事は禁じられていますが、個人で使う分(1ヶ月分が目安)ならばまとめ買い出来ます。
ただしゼニカルを個人輸入すると言っても、素人が輸入の手続きを行うのはまず無理です。税関や書類の処理など、プロでないと扱えない部分があるからです。なので、個人輸入と言っても個人輸入代行業者に頼むのが普通です。
ゼニカルは医師の診察や処方箋がなくても、個人使用の目的に限れば合法で入手出来ます。輸入規定量さえ守れば法律に認められた範囲で購入出来ます。
個人輸入でゼニカルを買う場合の平均相場は、1錠100円~です。これは病院の約1/5の値段です。
ただし、個人輸入で使った薬は、副作用も含めて全て自己責任になります。また、購入についても自己責任になっているので、安全な業者に依頼するべきです。中には有効成分を偽っていたり、中身がまるごと違った、などというトラブルもあります。
病院処方は高いけれども、医師のお墨付きがついているので安全というメリットがあります。個人輸入は安全性は心配な点もあるけれども、価格が安いというメリットがあります。