食事制限や筋トレなど、苦しくて辛い続かないダイエットはもう卒業。摂った油や糖質をなかったことにしてくれるダイエット薬「ゼニカル」で、もっと楽しく簡単にダイエット!

ゼニカルの効果的な飲み方はある?

ゼニカルの効果的な飲み方は、食事にかける時間からタイミングを見計らうと良いです。
30分くらいの食事で終わるならば、食事中か食後30分以内に飲めばOKです。脂肪が吸収されるタイミングで、脂肪を分解吸収する酵素リパーゼの働きを阻害してしまえば良いのです。
ということは、食事にもっと時間をかける場合には最適なタイミングが変わってくるという事です。居酒屋を何軒もはしごしたり、コース料理で何時間も時間をかけて食べる時には、食後に服用したのでは遅いです。食べているうちに脂肪の分解が始まってしまうので、食後を待たずに服用すると良いです。
ゼニカルを効果的に使うには、食べるものの内容を考えることが大切です。ゼニカルは脂肪の分解吸収は阻害しますが、炭水化物などの栄養素は普通に分解吸収してしまいます。つまり、ご飯、クッキー、スナック菓子、などを食べてゼニカルを飲んでも、効果はほとんど期待出来ないという事です。高脂肪の食事を摂った時に使うのが、最も効果的な飲み方です。
注意しておきたいのは、ゼニカルは食べた脂肪の30%をそのまま体外に排出させますが、全ての脂肪分のカロリーが排出されるわけではないという事です。つまり、脂肪分であっても、食べすぎれば残りの70%は吸収されてしまうという事です。脂肪分のカロリーが0になるというわけではないという事に注意しておきましょう。
飲み方の注意点がもう一つあります。それは、脂肪を排出する過程で脂溶性のビタミン(A・D・E・K)まで流れ出てしまう事です。脂溶性のビタミンはゼニカルの作用で消化吸収されなかった油に溶け込むので、そのまま体外に排出されます。ビタミンが不足すると肌や粘膜が荒れやすくなるので、ビタミンもあわせて摂取するようにしましょう。ビタミン製剤などで補充が可能です。